手軽で便利!

使い方

カード挿入機

クレジットカード、カードローン、キャッシングなどカードを使って、利用できるサービスは非常に多いです。
その1つとしてプリペイドカードがあります。
プリペイドカードとは、現金の代わりに利用することができるカードのことです。テレフォンカードや図書カードも、プリペイドカードと同じような仕組みで、カードに入っている金額の分だけ、使用することができます。
世界的に普及しているクレジットカードの場合は、審査をしてからじゃないと利用することができませんが、プリペイドカードの場合は審査は必要ありません。
また、わざわざ口座を作る必要も無いので、カードを利用する他のサービスと比較しても気軽に利用することができます。

プリペイドカードと似たようなサービスで、デビットカードがあります。
デビットカードとは、クレジットカードと似たようなしくみで、カードを利用することで口座からお金が引き落とされるようになっています。
そのため、プリペイドカードと違って、口座を開設しないとデビットカードは利用することができません。

現金と同じように使えるプリペイドカードなのですが、ではどのように使うことができるのか、ということを説明します。
現金が手元にあると、ついつい買いすぎてしまうという人は多いですが、プリペイドカードを使えば、その分だけしかお金を使うことが無いので、買いすぎを防ぐことができるのです。
また、自分が利用するカードとして使うだけではなく、友達にプリペイドカードをプレゼントとすることもできるのです。
現金を直接プレゼントするよりも、プリペイドカードとして渡した方が、スマートにプリペイドカードすることができます。

Copyright(c) 2015 金融商品の仕組みやメリットを理解して使いこなす. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com